室内気候を視る

GW300開口部大PB_8月H11基準開口部大土壁_8月

 

同じ 8月の室温なのに こんなにも違う室温。
私は、住まいの気候を デザインします。

建築の最終目的は 内部空間=室内 の確保 です。
建築は 第三の皮膚 である といったのは 異色の天才画家 フンデルト・ヴァッサー でした。
私たちは、屋内での生活の調整に 「設備(エアコン)」を使うことに慣れてきました。
ですが、改めて振り返ると 第二の皮膚 衣類・・・オーガニックな素材 が見直されています。
同じように 第三の皮膚 住まい も考え直そう と生まれたのが
インドア・クライメート=室内気候 という発想。
住まい環境を 第二の自然と考え より開放的な 環境をつくるという考えです。