徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

自立循環型住宅への設計ガイドライン 改修版

自立循環型住宅への設計ガイドライン(改修版)を受講してきました。

 

改修のイメージですが 下図のようなケースを「部分断熱改修」と呼びます。

赤く囲われた部分が、断熱改修された部分。

でもこれは、ちょっと問題があります。

暖かいリビングから、トイレやお風呂といった部分が隔離されて寒そうです。

ヒートショックの元になりますので、断熱エリアも温度のバリアフリーが必要です。

 

改修の場合の注意点は、

一部位(南の窓だけ とか)だけ、断熱性をアップすると、弱いところに結露が生じることがります。

また昔の構法で建てられた家では、壁の中に湿気が侵入して、結露していることがありますが

気密を良くしてしまうと、更に結露水が壁の中にたまってしまうことがあります。

 

こんな諸々、まだまだありますが断熱リフォームの知識は 住宅医講座での知識と合わせて

役立てていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です