徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

パッシブデザインとパッシブハウス 比較2

パッシブデザインとパッシブハウス 比較2

パッシブハウスまたはパッシブハウス

パッシブハウスはファブリックファーストデザインのアプローチです。屋内の快適さが第一の目標でありエネルギー効率の良い快適さの提供は、それを達成するための論理的かつ道徳的に賢明な手段であると想定しています。

屋内コンフォートバンドは20〜25°Cで、年間の10%以上は25°Cを超えないと定義しています。また、湿度にも制限があります。

パッシブハウスには5つの重要な要素があります:

  • オリエンテーション
  • 適切な断熱材
  • 気密性
  • 高性能ウィンドウ
  • 熱回収によるバランスのとれた換気

あなたが見ることができるように、要素の多くは同じであり、どちらも矛盾していません。パッシブ・ハウスには厳しい基準がありますが、パッシブ・ソーラーには原則のみがあります。

パッシブハウスの基準は次のとおりです。

  • 暖房需要最大15kWh / m2 /年または暖房負荷10W / m2
  • 冷却要求最大15kWh / m2 /年または冷却負荷10W / m2
  • 50気圧(ACH50)で0.6気圧の気圧変化

認定されたPHでは、完了と認定前にテストされているため、気密性は保証されています.50パスカル(空気圧)での1時間あたり0.6回の空気交換が最小限のコンプライアンスです。冷却要件は、機械式冷却装置が取り付けられている場合にのみ適用されます。10%の不快感の基準が満たされていない場合は冷却が必要ですが、3%(262時間/年)以上の不快感を予測する建物では、最も暑い日を緩和するために冷房を設置する傾向があります。

1.パッシブデザイン 「原則」
 .パッシブハウス  「基準」
2.パッシブハウス基準 「暖冷房負荷」「気密」
3.快適さとそれを達成する「効率的(省エネ)