徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

制振装置を入れてみた

wallstatのVER4では、制振装置を設定できるようになったので早速。
一番右手奥が単純に「筋交い」モデル。
真ん中が「筋交いに構造用合板を付加」
手前が「筋交いモデルに、制振装置付加」

どうだろう?
制振装置のモデルは、外周部の「装置」を設置した壁は確かに揺れが少ない。
一方、「装置の無い中央部」は、結構揺れているように思うがいかがだろう?

合板補強モデルは、揺れてはいるが 全体的に安定性が高いようにも思えるが
まだまだ検証の余地あり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です