徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

熱・水分同時移動計算(シミュレーション)

熱・水分の同時移動シミュレーション

黄色い外気温に対して、水色、黒色、青色 3本のグラフがある。
最も振幅の多い「青」は、熱容量が少ないためで 角ログ構法を想定。
(熱・水分の同時移動シミュレーションです。

後の2本は、RC造で、黒いのが 普段の非定常計算。
それに対し、同じ状態で、熱・水分同時移動で解いたものが、水色となる。

1~2度の違いだが、積もるとそこそこの違いになるのかな?

これについては、ここ一週間ぐらい試行錯誤してみましたが
一旦、筆をおきたいと思います。

水分の移動、ということで 部屋の「湿度」が大きく違うかも と思ったのですが
答えはまだはっきりしない。
(この計算で、解いてもいいのかどうかもよくわからない)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です