徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

共建築設計事務所

暖かい家

 

こうゆう、大衆紙でも「住まいにおいての寒さを取り除く有用性」について触れている。

環境設計道場

ルームエアコンの基本を科学する。
自分で、学んだ成果を発表します。
アウトプットすることで、頭の中に 体系的 に組み上がり
より理解が深まる。

「建築家」 の問題は
造形的な 遊び にしか興味がないことだとつくづく・・

四国 住宅医ネットワーク

四国 住宅医ネットワークのメンバーの内 6名 が集まりました。

※住宅医とは、(建築物の性能を正確に調査、判断する専門家)です。

愛媛での受講生の方々へ、四国住宅医のメンバー各々の 活動紹介を行いました。

最近多いレクチャー写真。

徳島でも2016年に三澤文子氏、(故)三澤康彦氏、滝口泰弘氏、にお越しいただき 住宅医 と ウッドマイルズについて
レクチャーをしていただきました。

今回の愛媛でのレクチャーは、実践的な内容でした。

北白川環境設計道場

月1回の、北白川環境道場ですが、京都まで高速バスに揺られて片道3時間。
溜まっている本の一冊を 読んだり
デザインをスケッチしたり、それなりに過ごすのですが
やはり、バスの最終便が19時10分 とかなり早い時刻表。
なので、懇親会に出られなかったり、またこれからの真夏日の中 歩いての
アクセスも大変だな

 

ということで、
香川環境設計道場 に 転入を思案中です。
丁度、京都の成果発表の内容を「香川でもプレゼンしてほしい」という依頼もあって
11日に行ってきました。

天気は雨のち快晴。
ですが片道1時間ちょっとですし、車でのアクセスだから
傘とか、パソコン とか 気軽に持参できるのがありがたい と実感。

そんなこんなで

無事、プレゼンを終えて
懇親会。

車ですから、当然 ノンアルコールですが同乗者とも 色々楽しく会話し帰途につきました。
プレゼンの様子は簡単な自己紹介 と 空気線図。

環境共生住宅~聴竹居2

聴竹居 ホームページ

http://www.chochikukyo.com/

元祖・環境共生住宅 として有名な 住宅。
設計者は 藤井厚二(1888~1938)
京都帝国大学教授・建築家

1.科学的アプローチを駆使したパッシブな(自然エネルギーを生かす)工夫
  渡欧経験をしたことにより、「日本」の気候風土を改めて見直した。
  室温17.78℃、湿度65% が快適ゾーン。(ずいぶん細かいですネ・・・)
  日本各地(3府37県)と欧米(6都市)を比較し、特に 夏の高温多湿に着眼した。

2.洋風と和風そしてモダンを統合したデザイン
3.住まいの ”原型”としての居間中心、家族中心のプランニング
4.新しい「日本の住宅」のライフスタイル全体をデザイン

藤井は、広島県福山市の豪商の家に次男として生まれた。(これが、後の聴竹居へとつながる)
数多くの、「美術・工芸」を普段から目にしていたことから審美眼が育まれていったとされる。
東京帝国大学を卒業し、竹中工務店を経たのち、渡欧。

SDG’s

SDGs:「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略で「エス・ディー・ジーズ」。

17の目標と、169のターゲット。

普遍性(先進国も途上国も、偏りのない)
不可分性 (17の目標は、互いに密接に結びついている)

ユニセフ:https://www.unicef.or.jp/sdgs/children_sub.html より

◆建築、建設だと 7,9,11 などが 絡みがありそう。

これまで、省エネ、サスティナブル、ゼロカーボン、循環型社会
色々な ”ブーム“ が あったが 左程 住まいの形・暮らしの形 には反映されてこなかった。
ところが、「SDGs」 には 多くの人が関係したいと思っている(多分) 
 

1 2 3 35

アーカイブ