徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

共建築設計事務所

エネルギーパスー3

こんな風に、省エネ化の結果
環境性能 と 経済性能 が 光熱費等に どのような結果を与えるか?
という 尺度の一つになる。

間欠冷暖房 と 記載されているが
ドイツでは、「全館冷暖房」が一般的であるため、日本のように 間欠暖房(部屋単位の暖冷房)
が、主なケースと一概に比較できない。
よって、「間欠冷暖房」と「全館冷暖房」の二つのケースを 計算する。

最近は、この様に 光熱費(燃費)を表示してくれる ツールが増えていますが
必ずしも 実情に合っているかは分からない。

そこで、光熱費に関しては 「環境履歴書(岐阜県立森林文化アカデミー・辻准教授)」で
分析(用途分解)した結果で大きく補正する。

 環境履歴書

環境家計簿

 

 

エネルギーパスー2

このような、(建築設計書籍ではない)一般向けの新書本でも
エネルギーパスの事に触れている。

◆エネルギー証明書
ドイツの省エネ法(EnEV)の2007年改正時には
「エネルギー証明書(エネルギーパス)」制度が導入されている。
専門家によるエネパス発行費用は200~800ユーロ、現地の立ち入り調査が必要

この制度の開始にあたって政府機関が、エネパスの先行取得したオーナーにアンケートを
行っているのだが、約半数のオーナーが肯定的に捉えている という。

日本では、住宅における「2020年の省エネ法全面義務化」を延期
改めてその温度差を認識。

比較的 平易な内容なので是非 手に取って一読してみてはいかがでしょう。
というのも、日本では延期になった と書いたが
その先延ばしになった省エネ基準を
満たしていない場合には、税制面、補助金 の優遇措置(先導によるインセンティブ)が
適応されないことがあるのです。 

 

エネルギーパス

アンドレア氏の、スライドの中に エネルギーパス が表示されている。

EUなどの先進国では、賃貸・売買などの不動産取引時に、「家の燃費性能」が、エネルギーパスにて明示されている。床面積1m2あたり○○kW時必要という形で数値化されており、誰でも簡単に家の燃費を確認する事ができるため、立地やインテリアなどと同じく「家の燃費」が住宅の価値基準として重要な判断要素となっている。
なお、生活スタイルなどによる変動は考慮していないため、住宅の省エネルギー性能を比較する基準であり、実際の燃費を保証するものではない。

例えば、こんな感じ。

必要エネルギー:
この住宅で室温を冬期20℃、夏期27℃以下、一定の給湯を使用するなどの、所定の生活を一年間過ごした時に冷暖房、給湯、換気、照明を
使用するのに必要となるエネルギー量。給湯器や発電システムなどのアクティブな設備効率は含まれない、断熱性能や日射コントロール性能などのパッシブな省エネルギー性能。
この住宅自体の省エネルギー性能を示す値であり、数値が少ないほどに高性能であり、高い居住快適性や健康性能をもつ。

最終消費エネルギー:

住宅自体のエネルギー需要である必要エネルギーを、導入予定、もしくは導入済みの給湯器やエアコン、太陽光発電システムなどの設備機器にて供給した場合の、電気やガス、灯油などの形で消費するエネルギー量。最終エネルギーはエネルギー効率の高い設備機器を使用すれば「必要エネルギー」よりも小さく、反対にエネルギー効率の低い設備機器の場合は「必要エネルギー」よりも大きくなる。
この「最終消費エネルギー」からは実際に支払うであろう光熱費を理論値で算出され、消費者にとってのランニングコストを評価するための経済的指標となる数値である。

用途別にみると、①「給湯」、②「暖房」、③「冷房」 の順番。
いちばん多いのが、給湯だ。
そして、暖房、冷房の順になっている。

冷暖房負荷を見ると
この、住宅例は、非常に高断熱なのですが
日射遮蔽が、十分でなく 普通(現行の省エネ基準)に比べ、
冷房の割合が多い ことがわかります。

また、熱の移動の過半は、開口部から逃げている。

サスティナブル

再び、彦根アンドレア氏の 話題。
こちらの書籍は、先の「ナチュラルサスティナブル」の後に出版された書籍。
「彦根アンドレアの最高の住まいをつくる方法」
当時、この本を手元に置きながら イマイチ ページを捲らず放置してしまったのは、
書籍の内容が 具体的に 「サスティナブル」に触れたものでなかったため ちょっと肩透かしに
あったような気分だったから。

少し、目次を見てみよう。

1.光(自然光)
2.色
3.空気の流れ
4.形には理由がある
5.空間のつながり
6.ポーチと玄関

・・・と 14まで 232項 の間
ダイレクトに「サスティナブル」へと結びついた 項目 がないのである。

さて、直に アンドレア氏の、レクチャーを聴講した今となれば どのような
感想を持つだろうか。

まず、表紙に
 How to design beautiful house for a comfortable
    and sustainable life style.

とある。

また、アンドレア氏自身 レクチャーの中で
「建築は、感じるもの、説明するものではない」と初めに語った。

また、サスティナブルとの評価を受けてから、ご自身で振り返ってみても
「ただ、普通に ” 気持ちいいな ” というようなことを
 その場面ごとに考え て設計しているだけなのに?」

とも語っている。

サスティナブル の定義を どうするかといえば 「パッシブ」を内包したものではないかと思う。
パッシブな手法は、建築の初期計画から 微に、また漫勉(まんべん)にそれぞれの フェーズで 採用される。
決して これ見よがしに 在る ものではないと感じるようになった。

きっと、「アンドレア氏の1~14項目まで」は、「これ見よがしに」サスティナブルを誇る
というようなものではなくて、少し少しの場所で ちょっとずつちりばめられて 彼女の
設計を パッシブなものだと感じさせるものになっていくのだと レクチャーを受けて
また、改めて書籍をめくってみた今は 納得できるようになった。

Sustainable?~2

併せてこちらのスピーチも、

2018年12月12日、ポーランドのカトヴィツェで開催されたCOP24(気候変動枠組条約第24回締約国会議)において、スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん(当時15歳)が気候変動の危機を世界に訴えました。

Youtubeより

Sustainable?

彦根アンドレア さんは、
ナチュラル・サスティナブル、生きる建築の姿  鹿島出版会

の出版に合わせて、「サスティナブル」ってなに? と
その「定義」とは何か、文献をあたり 一生懸命に調べた。
そして、いちばんわかりやすいと思ったのが 次の言葉だそうだ。

「この理念は、将来の世代のニーズを満たす能力を損なうことなく
 今日の世代のニーズを満たすような開発である」
 1987、ブルントラント報告より

 

 

_

ナチュラル・サスティナブルー2

「自然にも人間にも優しい建築」

彦根アンドレア 氏 講演会

室内温度と壁面の温度 から導いた 快適な範囲

 

壁の温度には ガラスの温度が大切
壁から入ってくる冷たい外気は人の「快適性」に大きく影響を与えるのだから。

 

民家の共通性、

 

少し 彦根アンドレア 氏の 講演会メモを羅列してみる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デコンな建築を目指していた 学生時期
(常軌を逸したような、形態遊びな建築は控える)

壊れていくもの の使用は控える
(建築は古びていくが壊れないけど、中の設備は必ず壊れる
 同じ費用を投じるなら、設備ではなく ”更新できない、建物に費用を傾ける)

サスティナブル
(はじめはちっともわかっていなかった、今は = ”あたりまえの事なんだ”
がサスティナブルなんだ)

けれども、建築は「説明するものではなく感じるものです」
(だけど本を出版することになったときに、きちんと説明をしなければ
ならないように なってしまった。でって多くの人が読むのだから)

日本の 家庭での消費エネルギー は実は多くない。
(多くの人は、 我慢をして  暖房の設定温度を下げたりしている
(我慢は、その人が勝手にすればいい
(だけど、健康は それじゃあダメ ”ヒートショック”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会場が暗すぎて メモが上手く取れなかった。

建築は説明ではなく 感じるものだけど、こうしてここにわざわざ来てくれた
皆さんに説明をしなければならないので まとめてみました。

(そうそう、アンドレアさんの 公演は 多くがそこから始まります・笑)

 

アーカイブ