徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

その他

折角なので

念願の 松濤美術館 ようやく見学してきました。

結果は後からついてくる

基礎を教わることはとても大切なのだろう。
妙な癖をつけると、どこかに無理が来る。
教える教わる だと無理があるんだよな。
一足飛びにしなくても、力学を地道に12回 講座をすれば十分じゃないのか。
なんて 無責任か。

昔、ホント昔 工業高校のK先生が 夜間学校みたいにして
構造を教えてらしたと聞いている。

山辺の木構造 あれを 一巡すればいいのでは。
上野さんの書籍でもなんでもいい。

即商売、明日お金に。
そう思うと 始められない。
逡巡する。
SDは、確かに UA値(Q値)を出して 申請できるわけでもないけれど
一番肝心な、室温 が分かるじゃないか。

ほんとにじっくり考えて建てる人は、結局 補助金なんかより
長い目で見た方を選ぶんじゃないだろうか。

回帰して考えたいものだ。


そうすれば、結果は後からついてくる。

省エネは、結果だよね。

エアコンの無い生活なんて無理。

そうかもしれません。

でも、網戸越しに入ってくる ささやかな 空気の流れで
じんわりと 汗をかく 程度で過ごせる時間がながけりゃどうだろう。

それで追いつかなければ・・・

そう 徳島の夏、30超えます。

そんな時は、熱を入らせない工夫
        熱をためない工夫。
        扇風機で涼しさを感じられる工夫。
        
そんな日を、今の50%ぐらいに減らすことは出来ルチャンスは
あります。

エアコンを動かすと、どうしても埃がまうし、咽も乾燥する。

快適で、ついでに光熱費で元がとれて、医療費も少なくて

そうゆう住まい方のできる家。

そう まちなかでも

できるんじゃないかな。



3Dプリンター

ちょっと話はそれますが 3Dプリンターを見学してきました。

県立工業試験所で、3Dプリンターのデモが あると誘われたので

まあ、近いということもあって 行ってきました。

3Dプリンターが世に出てから 30年近くなるのですね、全く知りませんでした。

一年前に、大阪で BIM のデモンストレーション大会があった折、

3Dプリンターで 建築の模型 を作成しているのを キーノートで見せていただきました。

率直に感想を述べると・・・

逸品生産の建築、模型は何度も何度も 造り直します。

其のたびごとに、3Dプリンター で作成するのは 効率が悪いようなきがしました。

やはり、スチレンボードを切ったり貼ったり しながら作っていくほうが お手軽ですね。

寧ろ、製造業、医療の現場では 既に 活用されていて

其れに比べると、建設分野では まだ 3%ぐらいということで。

興味が有る方は、工業試験所 に足を運んでみてはいかがでしょうか。

時間あたり 数千円で 使用させていただけるそうです。

読書

中村 好文。

読もうかな・・なんて思って 積んでる本が何冊あるかしら。

国立西洋美術館

東京二日目は、上野にて 国立西洋美術館 で ラファエロ展 と 常設展 会場。
常設展会場では、松方コレクション これも見ごたえですが 目は 「器(建築)」の方へと。

小屋の暮らし

              ギャラリー間 にて 「中村好文展」 小屋においでよ

                       私は、「小屋」 と聞くと 

                      ヘンリー・ソロー 森の生活

を思い出したりします。

見降ろせば、ちょこっと 中村さん が写っておられますね。

小屋の間口 3m です。

淡路島の 玉ねぎ小屋なんかも好きだな。