徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

伝統構法

木考塾 -WALLSTAT

滋賀の木考塾で9月に定例会を開催します。。
今回は、木造住宅倒壊解析ソフトWallstatの一日講座をします。
会員向けの定例会ですが、参加できる人数に少し空き(5名)がありますので、会員外の方で参加したいなーと思われる方は、お申込みください。
木考塾事務局へメールをいただければ、当日の準備のことなど詳しいことを連絡させていただきます。(ただし先着順とさせていただきますのでご了承ください。)

地震関連のテレビ放送でも見かけておられると思いますが、建物が地震時にどういう動きをするか、どの部分に弱点があるのかを視覚的にわかりやすくCG画像でみられるソフトで
す。設計施工側からの耐震性の確認にもなりますが、住まい手にもわかりやすく説明できるツールとしてとても有効なソフトだと思います。
このソフトは、誰でも利用できるようにダウンロードもオープンにされています。
使い方も自力で挑戦される方もおられるかもしれませんが、使いたいと思いながらも日頃の業務に追われているとじっくり取り組んでいる時間も確保できない方も多いかと思いま
す。そこで、木考塾では、一日だけ時間を確保していただき、ソフト開発者である中川さんにじっくり効率的に使い方をレクチャーしていただこうと企画しました。
また、応用編として、伝統構法にも使える講座も予定しています。ぜひ、これを機会にWallstatをマスターして、設計作業や住まい手へのプレゼンに活かしてください。

 

 

上記の案内があって、
昨日、一日!   WALLSTAT講習を受講してきました。
今 建築設計業界でも注目されている WALLSTAT。
こちらでも、何度かご紹介しています。
そんな具合で、講師の 京都大学准教授 中川貴文先生に一日お時間を頂けるとは
滅多にない企画。

なんと、私以外の会員外枠4名も、同じ構造塾のメンバーです。
島根から来てる方もいらして、驚きました。

内容については、効率的な使い方、正確な把握、入出力など紹介していきたいと思います。

   

 

伝統的木造住宅と省エネルギー

東京で開催された、伝統的木造住宅と省エネルギー というフォーラムに参加してきました。

省エネ法が義務化されると、断熱材の仕様が必須になります。
そうすると、内外とも真壁(土壁)といった家が、事実上 建てられなくなります。
そのことを、どう捉えて、今後施策にうったえていくか、
という足並みをそろえる 第一回目の集いです。

かなり関心が高かったのでしょう。
会場に収まりきらず、別室にて 公開放送を聴講している方も
相当数いらっしゃいました。

私自身は、この温暖な徳島でも やはり断熱材は必要でしょう
と考えているのですが、地域によっては、その断熱材の仕様に
矛盾が感じられるといった声も上がっています。

そんなこんなで、土壁だけで十分(断熱材不要)という方は、早く家を建てないと、やがて建てられなくなります、ご用心。