徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

低燃費住宅

光熱費1/2 住宅 -断熱外皮計画- 4

光熱費1/2住宅 (自立循環型住宅)06-3

                    リーフレットは、皆様にお配りするために
         一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)より 領布を受けたものです。

体感温度

室温は低くなくても、何か寒いなあ

なんて感じることがあるかも知れません。

自立ガイドラインには 上の式 によって 体感温度が決まる としています。

ですから、「床、壁、天井」の温度を、室温に近く上げてやると 快適な場合もあります。

冬も又然り。

其のためには、床、壁や天井、の断熱を十分に行わないと、熱は外気温と同じになり

冬は寒く、夏は暑くなりますね。

その温度を測る 簡易な測定ツールが

放射温度計 です。
これは空気の温度を測るのではなく、壁や床 といった物体の温度を測る道具です。

その他、体感温度を上げるには 足元が冷えると寒く感じます。

ですから、床の断熱も大切なんです。

もう一点、天井の断熱ですが、「断熱」が十分に出来ていれば 「遮熱塗料」は必要ありません。

その効果が 体感できるほどのものではないからです。

そう言う売り込に 安易に 費用を投じることは 効率が悪いということです。


最後に
外部と 内部を 断熱材で分けてしまうと、季節のうつりかわりが感じられない という
ようなことをいいますが、逆です。

断熱をしっかりすることで、後は カーテン、障子、ブラインド、窓の開閉、通風・・・

そいうった手段で、自然な心地よさ を形成できるのです。

むしろ 断熱は、外界との関わりを高めてくれる 技術ということです。




(※1)「自立循環型住宅」 は、一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の
     商標です。


光熱費1/2 住宅 -断熱外皮計画- 3

光熱費1/2住宅 (自立循環型住宅)06-3


                    リーフレットは、皆様にお配りするために
         一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)より 領布を受けたものです。

外部と内部の間での、熱の移動を抑える と先日書きました。

簡単にいえば、暖房する——->あっというまに外気温と同じになる


                     室内の熱が高い。それが低い方へ 早く逃げてしまう

                     暖房してもしてもキリがない

それを しっかりした暖房にすると

      暖房する——–>ゆっくりと外気温に近づく、


                     暖房器具の能力で追いつく

冷房は ちょうど 逆のことが起きる。


これは、省エネにもなりますし、結果光熱費の違いにもなります。

世の中の 既存の住宅の約70%が 平成4年以前に建てられた断熱レベルの低い住宅 という報告もあるようです。
正確な数字かどうかわかりませんが大きくは外れていないでしょう。

これから 政府は 既存住宅の断熱に関する制度にも
具体案を出してくることになっています。

すると、決まって 「詐欺まがいの商法」で

お宅の家は・・・というような営業さんが現れることでしょう。

でも、こういった温熱の知識は、ほとんどの建築士さんは

エコ風 な ガラスと緑いっぱいな 温室のような
まさしく外で暮らしているような家をデザインと称しています。
まして、営業さんには そんなことは知るはずもないのです。

ここで、大切にしたいのは

省エネ、光熱費削減 、なにより 快適

この 快適感 を 大切にして欲しいのです。

宇宙服を着たような、密閉空間で暮らせと言うのじゃないです。

程よく、暑ければ 簾で補えるぐらい あとは 扇風機で
過ごせる日があれば、冷房をかけっぱなしで寝て、
夏風邪を引いたり、乾燥してしまうことも少なくなるのです。

快適であること、健康であること=光熱費が削減できる

で釣り合いが取れます。

余分なお金が取り敢えずは必要かもしれません。

でも、長い目で見れば 元も取れます。

そして、前の 「蓄熱」も含めて キチンと説明してくれる

設計担当者さんに相談してください。

できれば 耐震診断の時に 一緒に 断熱補強もされることをおすすめします。

                      

(※1)「自立循環型住宅」 は、一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の
     商標です。



光熱費1/2 住宅 -断熱外皮計画- 2

光熱費1/2住宅 (自立循環型住宅)06


                     リーフレットは、皆様にお配りするために
         一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)より 領布を受けたものです。

引き続き 断熱 について 自立ガイドライン に書かれていることを まとめてみたいと思います。

昨日、「自然室温」 という フレーズ を 書きましたが 自然室温というのは

ガイドライン93頁

日射取得熱や内部発熱のみによる、暖冷房設備を使わない時の室温。

と書いてあります。

異論もあるかとおもいますが、とりあえずそれに沿って 進みます。

” 断熱外皮計画は、住宅の室内と室外との境界(外皮)における

熱の出入りの抑制を目的としています。

断熱化をはかった住宅は、無断熱の住宅に比べ、

はるかに少ないエネルギーで室内の温熱環境を快適にすることができます。”

(ガイドライン92頁)

外部と内部の間での、熱の移動を抑えることで

冬は

窓から取得した熱を逃さない、

内部発熱を外に逃さない

夏は

外部の熱が内部に移動しにくい


結果、冷暖房の効果が削減されるわけです。

この 断熱の程度を示す指標が Q値、UA値 と呼ばれるものです。

あと数年で、この断熱基準が義務化されることになっています。

すべての住宅で、次世代基準(H11基準)同等、

そうですね、フラット35s の省エネ基準が それに準じています。


(※1)「自立循環型住宅」 は、一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の
     商標です。


光熱費1/2 住宅 -断熱外皮計画-

光熱費1/2住宅 (自立循環型住宅)06


                     リーフレットは、皆様にお配りするために

         一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)より 領布を受けたものです。



久しぶりなので忘れ去られているかもしれませんが、

自立循環型住宅、略して 「光熱費1/2住宅」

日射熱の利用 の次は 省エネ住宅のスタンダード

「断熱」です。

IBEC の リーフレットには このように書かれています。

” 断熱化をはかり、自然室温を維持して

 適時適温を実現します。 ”

資源エネルギー庁 エネルギー白書2006 によると

一般家庭の電力消費中 25.2%がエアコン

次いで、

冷蔵庫が 16.1% となっています。

ですから、この 二点セットを 省エネ型にすると ものすごく

電力消費が削減できます。

ですが、ここでお話するのは 

そもそも なぜ エアコンが必要か?

「自然」は 私たちに儘ならないものですから、

外部とある程度遮断して 快適な内部空間を形成する
 
その代表が エアコン です。

ですが、折角 エアコンのスイッチを入れても 

窓が開けっ放しじゃ ちっとも 効果がありません。

断熱材というのは、内部と外部の温度差があるときに、

内部から外部へ、逆に 外部から内部へ

熱 が 移動するのを 遅らせる役割を持っています。

余談ですが、熱は原則 高温側から低温側へと伝わり、

最終的には 内部と外部の温度は 平衡状態

つまり、同じになるんです。

ですから、気温がちょうど良い塩梅だったら、

暖冷房は必要なくて 窓を開ければ十分です。

昨日、書いたように ほとんどの 建築は 

内部空間を利用するためにつくられています。

そして、住宅の大半は、

安らぐ場所、安心できる場所、であることを望まれていると

思います。

ところが、去年の夏の暑さ、

そして冬になったらなったで 夏が恋しい と・・

儘ならないのが 「自然」。

そこのところを よく押さえて話を進めないと、

断熱材 って暑いんでしょ なんて カンチガイ が起きます。

因みに、ものすごく多いのが

「土壁があるから断熱材が要らない」 ってな意見ですが

土壁 には ほぼ 断熱性はないのです。

土壁にあるのは、蓄熱性。 

熱を蓄えるポテンシャルが高いのです。

では 断熱をどのようにすれば 省エネ・光熱費1/2になるの?

という お話を、明日も引き続き 書いていきます。

(多分・・・)



(※1)「自立循環型住宅」 は、一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の
     商標です。




自立循環型住宅への設計ガイドライン講習

自立循環型住宅



先日の、大阪での 「準寒冷地版講習」から帰宅してみると、現在 施工中の住宅で
監督をしてくださっている T氏から伝言があり、
明日、岡山まで 「野池さんの講習を受けに行くから良かったら一緒にどうです?」
ってなことで。
実は、私は 「この ”温暖地版”の講習は受けたことがないので
復習の意味も込めて 受講して来ました。
簡単な計算演習を混ぜたりして、相変わらず 上手い講習運び・笑
大変勉強になりました。

自立循環型住宅設計 講習会

自立循環型住宅設計 講習会




いつも、ご紹介している 「自立循環型住宅への設計ガイドライン」には

温暖地版

蒸暑地版
準寒冷地版
の 3種類 があります。
一番最後に出たのが、準寒冷地版なので、 温暖地版に比べ より多くの ノウハウが詰まっていて、厚さは 倍近くになっています。
この、準寒冷地版を 昨年 受講しそこねたので 今年こそはということで
大阪まで 受講に行って参りました。
これで、ひと通りの 受講を終えたことになるので、これからは しっかりと読み込んで
エコ+省エネ 住宅の 設計に生かして行きたいと思います。

光熱費1/2 住宅 -日射熱の利用-

光熱費1/2 住宅(自立循環型住宅)04 -日射熱の利用-



自立循環型住宅(※1)への設計ガイドライン から 引用してみます。




リーフレットは、皆様にお配りするために
一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)より 領布を受けたものです。


建物からの熱損失を減らす事は、暖房エネルギー削減のための基本ですが

建物が取得する熱を増やす事によっても暖房負荷を削減する事が出来ます。

 「陽射しのぬくもり」,「窓からのそよ風」= ”自然に開かれた心地よさ” 「エアコン」で、コントロールされた室温 = ”自然から閉じた心地よさ” はたして、この 二つの 心地よさは同じものなのでしょうか? 「エネルギーがなければ心地よく感じられない?」 シミュレーションツール、<ENERGYPLUS>によって、温熱環境の 基本を学び、自然室温 で暮らせる「開かれた心地よさ」を、目指します。

 


先日の「川内の家」のエントリーでも触れましたが、
日射遮蔽 は 積極的に 検討していましたが、日射取得 については
当初、これといった目安がなかったのです。
当然、窓から日射が差し込み 木漏れ日の中に居れば 暖かく感じる事でしょう。
でも、その お日様 が 「いったいどれぐらい、部屋を暖めてくれるのか」
それが、はっきりしなかったのです。
① 日射が差し込む時間はどれぐらい(何時間ぐらい)」なのか。
② 入り込んだ日射 は 部屋をどれぐらい暖めてくれるのか。
そのうち、①は、 SketchUp という ソフトで 確かめられます。

では、部屋がどれぐらい暖かくなるのか。

野池学校 蓄熱を考慮した室温プログラム

ある冬の24時間の室温を グラフ化。

昨夜、0:00に 室温9℃ 外の気温が3.5℃、冬晴れ。
120m2の住まいです。

午前7時半ごろから 外気温の上昇とともに 室温もあがってきました。

13時には 外気温 10℃ と その日の ピークです。

その後、夕刻へと外気温は下がっていきます。

ところが、17時 をピークに 室温は ゆっくりと下がり始めますが 24時には 13℃

下がり方が、ゆっくりなんですね。

外気温の変化が そのまま 室温の変化にはならないのです。

これは、 昼間の日射を 室内の床、壁、天井 が 暖かさを 蓄えて

その後、ゆっくりと 吐き出しているからなんです。

断熱がしっかりしていなくて、日当たりも悪い

そんな、鉄筋コンクリートの部屋が 一日中寒い。

これは、コンクリート が たくさんの 「冷たさ」 を蓄えこんでいるからなんですね。

ただ、この計算、とっても 大雑把に 捉えたものだという事が大切です。

例えば、120m2の住まい ですが 北の部屋 と 南の部屋、

1階 と 2階、窓の位置、

同じ条件ということはありませんから、このグラフが とはいきません。

それを 可能にするには 精巧なツールが必要です。

それでも、こうして 温度変化を 目で捉えられることで、

日射は遮ればいい、採り入れればいい という検討が 出来るようになってきました。

今日はここまで ですが 蓄熱まで含めると ホント 深いけど難しい、

次回も引き続き 日射利用 のご紹介。

(※1)「自立循環型住宅」 は、一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の
     商標です。