徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

山すまいまちネット

環境設計勉強会

先月は、丁度お盆初日が重なりチケットが確保できず休んでしまった
環境設計勉強会3回目。

テーマは引き続き 結露です。

 

壁・床・天井・開口部 などなどに生じる結露。
その仕組みを解いていきます。
前回の復習を兼ねて、M設計のお二人がプレゼンをしています。
そこに、解説を加えていく 講師M氏。

其の後は、立ち飲みにて9名の懇親会。
JRバスの最終便にて 一足お先に帰途につきました。

結露つながりですが、今月月末には住宅医講座のスピンオフとして
徳島で 温熱教室を二日連続で開催します。

その運営にもかかわっています。
もう、何回も受講してますから 復習と温熱環境の啓蒙を兼ねて参加予定。
講師は、岐阜県立森林アカデミー 辻准教授。

例会です

NPO 山・すまい・まちネット の 定例会。

お抹茶なぞ を いただいております。

地域型住宅ブランド化事業 

今夜は 地域型住宅ブランド化事業 の説明会でした。

地域型住宅ブランド化事業 については
こちらをクリックしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 とくしま山・すまい・まちネット」

は、住宅の”つくり手”と”住まい手”

”山の木のつくり手”の架け橋になりたいという思いで生まれたNPO法人

です。

お国の政策はどうしても全体的な普及が先になり

ニッチなあり方が取り残されていくのは やむを得ないところです。

そうゆう中で 地域型住宅ブランド化事業 は

地元の 林業 、建築・建設業、そして住まい手の方々 に

しっかりと品質の担保された すまい を お渡しする

という 政策です。

先の 「山・すまい・まちネット」の紹介と 一致してますね。

自分の目で、木を観て、伐採の音を聞き

その木を遣って、その木の性格を熟知した

職人さんたちと作る「すまい」。

ほんの 二世代前までは 当たり前の光景だったのですが

今や とても手に入り難い存在になってしまいました。

今年度 山・すまい・まちネットでは

こういった 当たり前だったけど 今や贅沢な すまいづくり に

補助金を助成されることになりましたので ご紹介しておきます。

 

「杢居」の草むしり

朝、8:00より NPO法人 とくしま山・すまい・まちネット
「杢居(もっきょ)」の草むしり

写真(上)は休憩時間

とくしま山・すまい・まちネット (←クリックしてね)  及び 杢居 については
リンク先に詳しく。
幸い徳島市では 大きな被害も出ていないのですが
九州はじめ 多くの地域で 80~100mmを超える 雨量で
痛ましい事故が起きています。
この様な 気象の変化は 年々 生活に影響を及ぼし始めています。
私たちが 生きていくなかで生み出している CO2 が
どれほど、この異常気象に影響を与えているか 断定できるだけの 確固たる情報源はありません。
中には、人の営みなど消し飛ぶほどの 「地球・星」が温暖期に入ったという見方もあります。
いづれにしても、木を使った住まい が カーボンニュートラル と関係が深いことだけは確かです。
「木を使う」といっても、南米から、アジアから、ロシアから・・・九州から・・・・・
そして地元の木(徳島の木) と 選択肢はたくさんあります。
ほんの少し、その気になってご相談いただけると あなたも私も CO2削減に貢献できるのです。
例えば、海外からやってくる木 は その輸送に 石油エネルギーを消費しています。
その石油エネルギーの消費も考えた上での 「木の住まい」が持つ カーボンニュートラルな
視点で見てみると 世の中が 違って見えそうです。
普段の 食事にも同じことが言えます。
この卵は、小麦は、・・・どこからやってきたのか・・・
飛行機 に乗ると 「マイレージ」が溜まりますね。
これに例えて  「ウッドマイレージ(ウッドマイル)」 「フードマイレージ」という捉え方をします。