徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

断熱

光熱費1/2 住宅 -断熱外皮計画- 5

光熱費1/2 住宅 -断熱外皮計画- 5

日経アーキテクチュア 最も知られている 建築雑誌の一つですが

2月号の特集が 「窓から見直せ」 と 題してます。

どうゆうことがというと、

上に上げた、3つの表ですが

壁、アルミ窓一枚ガラス、アルミ+樹脂窓2枚ガラス(この辺りが今の水準でしょうか?)

そして 樹脂窓ガラス3枚

の比較をしてみました。

熱貫流率 というのは 記号 Uで示されていますが 熱の伝わりやすさ を表しています。

数字が大きいほど、熱が伝わりやすいのです。

ここ2.3年前までは、グラスウール が一般的な仕様でした。

変わり始めた一つの キッカケが 東日本大震災です。

災害地の、仮設住宅に大量の 断熱材になり 品不足になってしまったんですね。

その後、 2020年の 省エネ法改正(義務化)間近ということで、

各 建材の断熱性が 今までと比較にならない水準にまでアップしてきました。

10年前なら、いくら良くても 使えない、コストがかかりすぎて という商品も

手の届くところまできました。


壁の、Ui が    0.39

アルミ窓が     6.51

アルミ+樹脂 が  3.49

樹脂 が       1.9

これは驚くべき数字です。

窓は アルミもガラスも 非常に熱損失が大きいということが解ります。

今、一般的な アルミ+樹脂(ガラス2枚・複層ガラス) と 2.3年前標準の 断熱仕様の壁だと

窓は 壁の 9倍も 熱を 通しやすいのです。

最近、YKKAP というサッシメーカーから 樹脂サッシ+トリプルガラス 仕様の商品が発売されました。

去年の 省エネ元年に続いて 、今年は 高性能サッシ元年になりそうです。

光熱費1/2 住宅 -断熱外皮計画- 4

光熱費1/2住宅 (自立循環型住宅)06-3

                    リーフレットは、皆様にお配りするために
         一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)より 領布を受けたものです。

体感温度

室温は低くなくても、何か寒いなあ

なんて感じることがあるかも知れません。

自立ガイドラインには 上の式 によって 体感温度が決まる としています。

ですから、「床、壁、天井」の温度を、室温に近く上げてやると 快適な場合もあります。

冬も又然り。

其のためには、床、壁や天井、の断熱を十分に行わないと、熱は外気温と同じになり

冬は寒く、夏は暑くなりますね。

その温度を測る 簡易な測定ツールが

放射温度計 です。
これは空気の温度を測るのではなく、壁や床 といった物体の温度を測る道具です。

その他、体感温度を上げるには 足元が冷えると寒く感じます。

ですから、床の断熱も大切なんです。

もう一点、天井の断熱ですが、「断熱」が十分に出来ていれば 「遮熱塗料」は必要ありません。

その効果が 体感できるほどのものではないからです。

そう言う売り込に 安易に 費用を投じることは 効率が悪いということです。


最後に
外部と 内部を 断熱材で分けてしまうと、季節のうつりかわりが感じられない という
ようなことをいいますが、逆です。

断熱をしっかりすることで、後は カーテン、障子、ブラインド、窓の開閉、通風・・・

そいうった手段で、自然な心地よさ を形成できるのです。

むしろ 断熱は、外界との関わりを高めてくれる 技術ということです。




(※1)「自立循環型住宅」 は、一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の
     商標です。


光熱費1/2 住宅 -断熱外皮計画- 3

光熱費1/2住宅 (自立循環型住宅)06-3


                    リーフレットは、皆様にお配りするために
         一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)より 領布を受けたものです。

外部と内部の間での、熱の移動を抑える と先日書きました。

簡単にいえば、暖房する——->あっというまに外気温と同じになる


                     室内の熱が高い。それが低い方へ 早く逃げてしまう

                     暖房してもしてもキリがない

それを しっかりした暖房にすると

      暖房する——–>ゆっくりと外気温に近づく、


                     暖房器具の能力で追いつく

冷房は ちょうど 逆のことが起きる。


これは、省エネにもなりますし、結果光熱費の違いにもなります。

世の中の 既存の住宅の約70%が 平成4年以前に建てられた断熱レベルの低い住宅 という報告もあるようです。
正確な数字かどうかわかりませんが大きくは外れていないでしょう。

これから 政府は 既存住宅の断熱に関する制度にも
具体案を出してくることになっています。

すると、決まって 「詐欺まがいの商法」で

お宅の家は・・・というような営業さんが現れることでしょう。

でも、こういった温熱の知識は、ほとんどの建築士さんは

エコ風 な ガラスと緑いっぱいな 温室のような
まさしく外で暮らしているような家をデザインと称しています。
まして、営業さんには そんなことは知るはずもないのです。

ここで、大切にしたいのは

省エネ、光熱費削減 、なにより 快適

この 快適感 を 大切にして欲しいのです。

宇宙服を着たような、密閉空間で暮らせと言うのじゃないです。

程よく、暑ければ 簾で補えるぐらい あとは 扇風機で
過ごせる日があれば、冷房をかけっぱなしで寝て、
夏風邪を引いたり、乾燥してしまうことも少なくなるのです。

快適であること、健康であること=光熱費が削減できる

で釣り合いが取れます。

余分なお金が取り敢えずは必要かもしれません。

でも、長い目で見れば 元も取れます。

そして、前の 「蓄熱」も含めて キチンと説明してくれる

設計担当者さんに相談してください。

できれば 耐震診断の時に 一緒に 断熱補強もされることをおすすめします。

                      

(※1)「自立循環型住宅」 は、一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の
     商標です。



基本から

省エネ等級 に適合 という 断熱材はたくさんありますが
かなりの断熱材が トレードオフ という計算方法を使う。

壁を減らした断熱を、屋根に使うことで 相殺するというものだ。

しかし、実際に 二階に寝室などがある場合は、
やはり、屋根の 断熱に十分な配慮が必要だし
東西壁の断熱も 注意が必要である。

だけれども、そうゆうこと以前に 一件の家の性能を決める
立場にあって、温熱の基礎的なことを知らないでは
的確な 予算配分のバランスが取れない。

昨日の講習では、其のあたりのことが
しっかりと確認できたので、設計にフィードバックしていくことになる。


研修

昨年の復習をかねて、ちょっと研修に。
野池学校。
1985地域アドバイザー研修。
へと、連休前に。
「人命に直結する、耐震改修」 と 「省エネアドバイザー」
くれぐれも、順序を間違えずに。
そうゆう 基本的なこと を 再確認。
昨年も 耐震診断 にたくさんの方のところへ 伺いました。
一つ一つの、積み重ね で 一軒でも安心な住まいが増えれば、そんな思いです。

ウレタン断熱、大丈夫ですか?


現場発砲ウレタン断熱材 のサンプルです、

2年程前の 住まいに採用いたしました。
普段は、過去の 実績 を評価したうえで
コストパフォーマンス、施工性、入手のし易さ 諸々 のバランスで
採用する建材を選ぶのですが
この住まいでは 御施主様のたっての希望で これの採用となりました。
一長一短ですが、疑り深い私は・・笑
サンプルを、室内放置 しておいて ウレタン断熱によく言われる、
「燃えないか」を試してみました。
結果、チャッカマン 程度の火では 発火しない です。
先日の講習でも、
再認識しましたが、火災を避ける一番の方法は、火元近くに 可燃物を置かない。
そうすれば、瞬く間に 炎に包まれることは避けられます。
注) 火災時の 温度と チャッカマンでは 比べることができませんが。

建物の 火災に詳しい方が、

そんな事を気にして、普段の断熱性 を犠牲にするなんて・・・残念だと。