徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

構造計算

地震倒壊シミュレーションーwallstatで等級3を揺らせてみた、

ふたたび、

 

今度は「構造計算から導いた耐震等級3」の住宅を 益城町の第二震で揺らせてみる。
先日との一番の違いは、「許容応力度計算での等級3」であること。
その他、諸々 先の弱点らしきところをフォローしてみた。

荷重は、余力としての内装材は計算に入れていない。
荷重は、基準法ではなく、実情考慮荷重。
外壁材の効果は余力として評価し、面外座屈抑止にも有効と設定。

 

 

阪神大震災の地震波で揺らせてみる。
荷重は、余力としての内装材は計算に入れていない。
荷重は、基準法ではなく、実情考慮荷重。
外壁材の効果は余力として評価し、面外座屈抑止にも有効と設定。

 

益城町の地震波で揺らせてみる。
荷重は、余力としての内装材は計算に入れていない。
荷重は、基準法ではなく基準法考慮荷重
外壁材の効果は余力として評価し、面外座屈抑止にも有効と設定。

先日の、損傷の激しかった、モデルに比べると、損傷は少ない。
現実に起これば、「調査してみないとわからない」という判断になると思うが、これなら、建て直ししなくても「修繕」で済みそう。