徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

焼杉の家Ⅲ

徳島の木の家づくり

はじめは真っ黒な焼杉。
13年も経つと下のように、いい色を見せてくれます。

13年前の1期工事では、桧の柱、コルクの床+床暖房、土壁でした。3期工事では、柱も床も 杉 になりました。

残暑

あかねの和

この春 竣工した お施主様の元に立ち寄り


どんな風に使われているだろうか・・

暫し、お話をお聞きしました。



帰宅してみると・・・

机の上に、 お施主様からのお手紙が

行き違いになっちゃいましたね・笑


ご自宅からはじまり、お父様の遺されたすまいの リフォーム

NPOで 二件


薪ストーブ、床暖房、土壁、コルクタイル、ヒノキ、スギ、・・・

その時の、価値観が 移り行く様子が 遡って 見えます。

石井の家―建前

石井の家―建前

川内の家 に先立つ、石井の家 建前

木造、2階建て

薪ストーブあり。

写真奥側 が 南、 

手前の平屋部分が 焼杉の家 Ⅰ期 の 離れ部屋。

奥の、平屋部が、焼杉の家 Ⅱ期

そして、今回の Ⅲ期 工事。