徳島の設計事務所|新築|リフォーム|インスペクション|

サスティナブル

SolarDesigner(ソーラーデザイナー)

もう一つ、アンドレア氏のパワポの中に
SolarDesigner(ソーラーデザイナー)が。

アンドレア氏ご自身は、エネルギーについての計算はしない と語っておられましたが
エネパスに加え、このSolarDesigner(ソーラーデザイナー)は、かなり強力な室温シミュレーションソフトです。

 

ある特定の形状を持ったボリュームが、徳島の2月にどのような室内気候を
示すのか。

 

 

同様に
ある特定の形状を持ったボリュームが、徳島の8月にどのような室内気候を
示すのか

断熱の効果、室内の素材(熱容量の多少)、窓の大きさ・断熱性・日射取得率、庇の形状、etc を
変化させて 比較スタディができます。(関連リンクこちらクリック

 

サスティナブル

再び、彦根アンドレア氏の 話題。
こちらの書籍は、先の「ナチュラルサスティナブル」の後に出版された書籍。
「彦根アンドレアの最高の住まいをつくる方法」
当時、この本を手元に置きながら イマイチ ページを捲らず放置してしまったのは、
書籍の内容が 具体的に 「サスティナブル」に触れたものでなかったため ちょっと肩透かしに
あったような気分だったから。

少し、目次を見てみよう。

1.光(自然光)
2.色
3.空気の流れ
4.形には理由がある
5.空間のつながり
6.ポーチと玄関

・・・と 14まで 232項 の間
ダイレクトに「サスティナブル」へと結びついた 項目 がないのである。

さて、直に アンドレア氏の、レクチャーを聴講した今となれば どのような
感想を持つだろうか。

まず、表紙に
 How to design beautiful house for a comfortable
    and sustainable life style.

とある。

また、アンドレア氏自身 レクチャーの中で
「建築は、感じるもの、説明するものではない」と初めに語った。

また、サスティナブルとの評価を受けてから、ご自身で振り返ってみても
「ただ、普通に ” 気持ちいいな ” というようなことを
 その場面ごとに考え て設計しているだけなのに?」

とも語っている。

サスティナブル の定義を どうするかといえば 「パッシブ」を内包したものではないかと思う。
パッシブな手法は、建築の初期計画から 微に、また漫勉(まんべん)にそれぞれの フェーズで 採用される。
決して これ見よがしに 在る ものではないと感じるようになった。

きっと、「アンドレア氏の1~14項目まで」は、「これ見よがしに」サスティナブルを誇る
というようなものではなくて、少し少しの場所で ちょっとずつちりばめられて 彼女の
設計を パッシブなものだと感じさせるものになっていくのだと レクチャーを受けて
また、改めて書籍をめくってみた今は 納得できるようになった。

Sustainable?

彦根アンドレア さんは、
ナチュラル・サスティナブル、生きる建築の姿  鹿島出版会

の出版に合わせて、「サスティナブル」ってなに? と
その「定義」とは何か、文献をあたり 一生懸命に調べた。
そして、いちばんわかりやすいと思ったのが 次の言葉だそうだ。

「この理念は、将来の世代のニーズを満たす能力を損なうことなく
 今日の世代のニーズを満たすような開発である」
 1987、ブルントラント報告より

 

 

_

H・カウフマンとフォーアールベルク州

3か月ほど前のblog(リンク)で書いた、H・カウフマン教授のセミナー。
今月の、建築知識ビルダーズ(34号)で特集が組まれている。

誌面では、H・カウフマン と フォーアールベルク州の建築(及び建築家)についても触れられている。
先に書いた記事では、十分に読み取れなかった 内容についても記されている。

例えばCLTを連想しがちだけれども、よく読むと「寧ろ、CLTの採用には積極的ではない。(省資源の観点)」
とある。下図のように木質パネルの構造は、パネルの中に断熱材が十分に充填されているのがわかる。

誌面の構成では、
H・カウフマンとの対談
H・カウフマンの作品(持続可能な木造建築の先駆者
フォアアールベルク州がなぜ木造・エコ、の最先端なのか
日本のプレハブと比べて

最後に、短期連載「欧州のエコハウス事情」で〆られている